中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪とコレステロールの関係

 

最近、耳にすることが多い中性脂肪やコレステロールはダイエットをしている人だけではなく、健康診断などでも聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

この2つには、どんな関係があるのでしょうか?

 

中性脂肪は、善玉コレステロールを作り出す大切な役割を持っています。

 

善玉コレステロールが増えると、悪玉コレステロールの減少にもなるので、中性脂肪は体にとって必要なものです。

 

しかし、中性脂肪を摂り過ぎてしまうと大変です。

 

中性脂肪を摂り過ぎてしまうと、肥満になってしまい、悪玉コレステロールが増え出してしまいます。

 

先ほどとは反対に、悪玉コレステロールが増えると、善玉コレステロールが減ってしまうのです。

 

悪玉コレステロールが増えてしまうと、血管の壁に溜まって動脈硬化の原因となってしまいます。

 

善玉コレステロールは、この血管壁に付着している悪玉コレステロールや、血液中のコレステロールを回収してくれるのです。

 

ですから、善玉コレステロールが減ってしまうことは、体にとって悪影響を与えてしまいかねません。

 

善玉コレステロールを増やすには、体内に一定量の中性脂肪を蓄えておくことです。

 

中性脂肪が多過ぎては、体に悪影響となってしまうので、注意しましょう。

 

中性脂肪が増える原因は、炭水化物や脂質の摂り過ぎです。

 

栄養バランスのよい食事を摂るようにしましょう。