中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

トマトダイエットをすれば中性脂肪は減りますか?

 

トマトが赤くなると医者が青くなると言いますが、それは、トマトの栄養価が高いからです。

 

栄養価の高いトマトは、最近ダイエットに効果的ということが発表されました。

 

トマトに含まれているリコピンが、代謝を促してくれる成長ホルモンを分泌させてくれるので、中性脂肪を減らす効果が期待できるのです。

 

特に、夜にトマトを食べるのが効果的なので、夕食の時にトマトを取り入れることで、寝ている間に成長ホルモンが分泌されるのです。

 

トマトダイエットで中性脂肪を減らすためには、毎日の夕食時にトマトを食べ、リコピンを15ミリグラム以上摂る必要があります。

 

リコピン15ミリグラムと言うのは、生のトマトなら2個ぐらい、ミニトマトなら17個くらい、トマトジュースなら600ミリリットルから1000ミリリットルです。

 

ホールトマトなら1缶弱、トマトケチャップなら大さじ4くらいです。

 

生のトマトを食べるのなら、赤ければ赤いほうがリコピンが多いようです。

 

トマトは、生で食べても加熱して食べてもいいので、飽きないようにアレンジをしながら食べるといいでしょう。

 

ただ、トマトダイエットは即効性のあるダイエット法ではありません。

 

最低でも3ヶ月、理想的には6ヶ月間継続することで、中性脂肪が減っていくだけではなく、中性脂肪を減らしやすい体に変わるのです。

 

トマトが苦手という人は、サプリメントもあります。