中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪が多い人は病院でどんな治療をしますか?

 

中性脂肪が高くなると、動脈硬化を引き起こしやすくなります。

 

動脈硬化が進行することで、脳梗塞や心筋梗塞などの病気を引き起こしてしまうこともあります。

 

ですから、中性脂肪が高くなってしまうと、中性脂肪を下げるように生活を改善する必要があります。

 

食生活を改善し、禁煙、適度な運動などを取り入れます。

 

しかし、なかなか生活を改善できない人や、生活を改善してもなかなか効果が現れない人は、病院での治療が必要となります。

 

病院で行う治療には、薬物治療があります。

 

薬物治療を行うかどうかは、医師が判断します。

 

薬を飲むのが嫌でも、医師が決めたことには従うようにしたほうがいいようです。

 

ただ、薬を飲み始めると薬だけに頼ってしまいがちですが、薬だけに頼るのではなく、生活習慣を改善したり、食事を改善したり、運動を取り入れるなどは続けていく必要があります。

 

薬を飲むことで安心せずに、自己管理をじっくり行い、体質自体を改善していく必要があります。

 

中性脂肪が高いくらい大丈夫と思ってしまいがちですが、そのまま放って置くことで、他の病気を引き起こしてしまうことがあります。

 

健康診断などを受けている人は、病院で指導されることがあると思いますが、健康診断を受けていない人は、定期的に検査を受けるように心がけたほうがいいでしょう。

 

そして、まずは自分の生活習慣を見直してみましょう。