中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪とコレステロールの違いは何ですか?

 

メタボリックシンドロームが注目され、ダイエットに関する言葉がよく聞かれるようになっています。

 

そんな中に、中性脂肪やコレステロールがあるのですが、この2つの違いは何なのでしょうか?

 

中性脂肪もコレステロールも、体の中のある脂肪です。

 

しかし、中性脂肪は体を動かすと燃焼されるのですが、コレステロールは燃焼されるものではありません。

 

中性脂肪は、エネルギーの貯蔵という大切な働きがあります。

 

体を動かす時には糖分をエネルギーとして使いますが、糖分が足りなくなった時に足りない分のエネルギーを中性脂肪で補うのです。

 

また、中性脂肪には体温を一定に保つ働きもありますし、体にとって必要不可欠なものではあるのですが、増えすぎると色々な病気のリスクを高めてしまいます。

 

一方、コレステロールは、善玉コレステロールと悪玉コレステロールに分けることができます。

 

善玉コレステロールは、血液の流れをよくしてくれるのですが、悪玉コレステロールは、血液の流れを悪くし、血管を詰まりやすくしたり、血管を傷つけてしまうのです。

 

悪玉コレステロールは中性脂肪が増えることで増加すると言われているので、中性脂肪を増やしすぎないことが大切です。

 

健康を保つためには、どちらも正常な状態を保つことが大切です。

 

バランスの取れた食事と適度な運動を心がけましょう。