中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と脂肪酸の違いは何ですか?

 

中性脂肪と脂肪酸は、似たような言葉ですがどう違うのでしょうか?

 

脂肪酸というのは中性脂肪の成分の一つです。

 

脂肪酸は炭素の結合の仕方によって2種類に分けることができ、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があるのです。

 

飽和脂肪酸は酸化しにくいという特徴がありますが、摂り過ぎてしまうと、血中のコレステロールを増加させてしまう特徴もあります。

 

飽和脂肪酸はカカオ脂や椰子脂等の植物油や、肉の脂肪に多く含まれています。

 

そして、不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸の2種類に分けることができ、酸化しやすいという特徴があります。

 

青魚の脂肪やごま油などに多く含まれていて、中性脂肪を減らしてくれる働きがあります。

 

不飽和脂肪酸は、オリーブオイルダイエットの有効的な成分であるオレイン酸でも知られていますね。

 

そして、脂肪酸というのは中性脂肪の中でも、すぐに使われるエネルギーのことを言います。

 

中性脂肪というのは、貯蓄用のエネルギーになります。

 

中性脂肪は増えすぎると生活習慣病のリスクなどを高めてしまいます。

 

毎日の食事や生活習慣を見直して、健康的な体のためにも、スタイル維持のためにも、中性脂肪を増やさないようにしたいですね。

 

体温を保ったり、内臓を衝撃から守ったりと、体にとって必要不可欠である中性脂肪ですが、多すぎると体に悪影響を与えてしまうので注意が必要です。