中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と体脂肪の違いは何ですか?

 

中性脂肪と体脂肪は、何が違うのでしょうか?

 

まず、中性脂肪というのは、血液中に含まれている脂肪のことです。

 

中性脂肪は運動などをした時にエネルギーとして使われるのですが、使い切れなかった中性脂肪は余ってしまい、それが蓄積されます。

 

その蓄積されたものが体脂肪です。

 

体脂肪というのは体の内側にできる内臓脂肪と、皮膚のすぐ下につく皮下脂肪にと分けることができます。

 

性別によってつきやすい脂肪が違い、男性は内臓脂肪が蓄積しやすく、女性は皮下脂肪が蓄積しやすいのです。

 

ダイエットをしようとすると、内臓脂肪や皮下脂肪を減らすのですが、体脂肪のもとになる中性脂肪を増やしすぎないことが、体脂肪を増やさないことにつながります。

 

また運動を取り入れて、中性脂肪を消費することも大切です。

 

体脂肪を増やさないためには、バランスのよい食事と適度な運動が必要になります。

 

そうすることで、中性脂肪を取りすぎず、体脂肪として蓄積されなくなります。

 

中性脂肪が増えすぎると、生活習慣病などのリスクを高めてしまうので、スタイルを維持するだけではなく、健康のためにも中性脂肪を摂り過ぎないようにしましょう。