中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と内臓脂肪の違いは何ですか?

 

中性脂肪に内臓脂肪、皮下脂肪など脂肪のつく言葉はたくさんありますが、それぞれ違いがあります。

 

この違いを知ることが、スタイル維持や健康につながることもあるので、違いを知っておきましょう。

 

まず、内臓脂肪というのは、名前からもわかるように、内臓周りにつく脂肪のことです。

 

皮下脂肪と内臓脂肪は、体脂肪と言われるものです。

 

そして、中性脂肪というのは、この体脂肪の元となるものなのです。

 

ということは、内臓脂肪の元にもなるものなのです。

 

中性脂肪は、血液中に存在していて、体を動かすためのエネルギーとしても使われます。

 

しかし、中性脂肪を摂り過ぎたり、エネルギーを使わないことで、中性脂肪が余ってしまい、その余った中性脂肪が体に蓄積されて、内臓脂肪や皮下脂肪となるのです。

 

内臓脂肪は男性につきやすい特徴があり、消費しやすいものなので、食事や運動などに気をつけて消費するようにしましょう。

 

そして、食事や運動に気をつけることが、中性脂肪を減らすことにもつながり、内臓脂肪として体に蓄積されるのも防いでくれます。

 

中性脂肪や体脂肪である内臓脂肪のつきすぎは、病気のリスクを高める原因ともなってしまいます。

 

生活習慣を見直し、中性脂肪を増加させないように気をつけたいですね。

 

まずは毎日の生活を見直してみることから始めませんか?