中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪の危険値はどれくらいですか?

 

中性脂肪は、エネルギーを貯蔵したり、体温を保ったり、内臓を衝撃から守ったりと、大切な働きがありますが、多すぎると肥満体になるだけではなく、生活習慣病のリスクを高めてしまうため注意が必要です。

 

では、実際にはどれくらいから危険が伴ってくるのでしょうか。

 

中性脂肪値は、血液を採取して検査をします。

 

中性脂肪値の正常値は40から130mg/dlと、かなり幅があります。

 

毎日運動を欠かさずに行っていて、食生活にも気をつけている人は、40前後だったりしますが、お酒が好きで運動は特にしていない人だと130くらいという人もいます。

 

人によって違ってはきますが、基準値ならそこまで深刻ではないでしょう。

 

中性脂肪値は150mg/dl前後になると危険値と言われています。

 

危険値になった場合には、生活習慣を見直し、食事に気をつけたり、運動を取り入れるなど、中性脂肪値を下げるようにしなければいけません。

 

150mg/dl以上になってしまった人は、薬物治療や食事指導、運動療法など、医師による治療が必要となります。

 

また、これまでは40mg/dl位だったのに、急に130mg/dlくらいまで中性脂肪値が上がってしまった時などは、病気などが少し心配なので、病院を受診したほうがいいでしょう。

 

中性脂肪値が高いまま放置しておくと、動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こす原因となってしまいます。

 

中性脂肪値は定期的に検査し、適正値を保つように心がけましょう。