中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪を下げる薬に副作用はありませんか?

 

中性脂肪を下げるために、病院を受診する人も増えているようです。

 

中性脂肪を下げるには、食生活を改善し、適度な運動を取り入れることが大切です。

 

しかし、それでもなかなか改善されない時には、病院で薬を処方されることもあります。

 

ただ、中性脂肪を減らすための薬は医薬品であり、強い薬なので、副作用などのリスクも報告されています。

 

中性脂肪を減らす効果がある薬であるニコチン酸製剤は、体温が上がったりほてったりという症状のほか、皮膚がかさつきやすかったり、血糖値が上がりやすくなったりという副作用があるようです。

 

そして、もう一つのクロフィブラート系製剤にも、胃腸や肝臓に影響を与えてしまったり、筋肉が萎縮するなどの副作用があるようです。

 

中性脂肪を下げるために薬を処方されることはあるようですが、やはり副作用やリスクが強いので、できれば食事や運動を取り入れることで改善することができるといいですね。

 

中性脂肪が増えすぎると、動脈硬化を引き起こしやすく、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こしてしまうことにもつながります。

 

中性脂肪が少なすぎることも体に悪影響を与えてしまうことがありますが、増えすぎも生死に関わる病気を引き起こしてしまうリスクが高まります。

 

毎日の生活習慣を見直し、中性脂肪を増やしすぎないように心がけましょう。