中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪を下げる薬はありますか?

 

中性脂肪が増えすぎると、生活習慣病のリスクが高まってしまうため、改善する事を考えていく必要があります。

 

中性脂肪を下げるには、バランスの食事と適度な運動、生活習慣の改善が大切ですが、それではなかなか改善できない人もいます。

 

その場合には、薬を飲む必要が出てくることもあります。

 

中性脂肪を減らすというよりは、動脈硬化の予防のための薬で、結果的に中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすことができるというものです。

 

中性脂肪を減らすための薬は、大きく分けて、「ニコチン酸製剤」と「クロフィブラート系製剤」の2種類です。

 

どちらも医師の処方が必要な医薬品なので、まずは病院を受診する必要があります。

 

「ニコチン酸製剤」と「クロフィブラート系製剤」は強い薬なので、副作用などに気をつけなくてはいけません。

 

どちらの薬にも、発熱、ほてり、皮膚のかゆみ、乾燥、胆石、筋肉の萎縮などの副作用の心配があるので、できるだけ薬を使用せずに中性脂肪を下げることができるよいですね。

 

やはり、中性脂肪を下げる最も効果的な方法は、バランスのよい食事と適度な運動です。

 

これらは、中性脂肪を下げるだけではなく、中性脂肪がつきにくい体を作ることにもつながります。

 

毎日の生活を見直し、中性脂肪を下げるようにしましょう。

 

ダイエットのためだけではなく、健康のためにも生活を改善する必要があります。