中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪値が高すぎるとどうなりますか?

 

中性脂肪値は、健康診断などで調べることができます。

 

中性脂肪値は高くても、肥満の元になるだけと考える人もいると思いますが、中性脂肪値が高すぎると、体に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

中性脂肪値が高くなってしまうと、悪玉コレステロールも増加してしまうので、血液がドロドロになってしまいます。

 

ドロドロの血液は代謝を悪くするので、さらに脂肪を溜め込みやすくなったり、便秘になったりすることも考えられますが、ドロドロの血液が血管の壁にこびりつき、血管が詰まりやすくなってしまいます。

 

そのため、中性脂肪値が高くなると、動脈硬化を引き起こしやすくなってしまうのです。

 

また、動脈硬化が進んでしまうと、心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる病気を引き起こしやすくなってしまいます。

 

ですから、中性脂肪値が高いことは本当に危険なことなのです。

 

中性脂肪には、体温を保ったり、外の衝撃から内臓を守ったりする大切な働きはありますが、増えすぎてしまうと健康に悪影響を与えてしまうのです。

 

中性脂肪値が高い人は、栄養バランスの取れた食事と適度な運動を心がけるようにしましょう。

 

薬やサプリメントもありますが、副作用などのリスクを考えると、生活を見直し、改善することが一番効果的なのではないでしょうか。