中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と運動不足の関係

 

中性脂肪は、蓄積されると内臓脂肪や皮下脂肪になってしまいます。

 

そうなる前に、中性脂肪が増えすぎないように予防したいものです。

 

中性脂肪が溜まる原因は、カロリーの摂り過ぎです。

 

摂取カロリーよりも消費カロリーが少ないことで、余ったカロリーが蓄積されて中性脂肪となるのです。

 

ですから、カロリーのバランスを取ることが大切です。

 

ただ、摂取カロリーを低くするには限界があります。

 

余りにもカロリーを減らしすぎると、体に悪影響が出てきますし、代謝が悪くなり、痩せにくい体になってしまいます。

 

食事は栄養バランスを考えて摂るようにし、運動を取り入れるのがオススメです。

 

運動不足になると、消費カロリーが少ない状態なので、中性脂肪も溜まりやすくなります。

 

また、運動不足が続いていると、筋肉も衰えてきます。

 

筋肉が衰えると代謝も悪くなってしまうので、エネルギー消費量がどんどん低くなり、中性脂肪が溜まりやすい体になってしまうのです。

 

中性脂肪を燃焼させるのには有酸素運動が良いと言われていますが、代謝をアップさせて痩せやすい体にするためには、無酸素運動で筋肉を鍛えることも必要です。

 

毎日少しでもいいので、運動を取り入れて、運動不足を解消しましょう。

 

そして、中性脂肪が溜まりにくい体を手に入れたいですね。