中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と喫煙の関係

 

「百害あって一利なし」と言われているのがタバコです。

 

毎日バランスのよい食事を心がけて、適度に運動をしていてもタバコを吸っているだけで効果は半減してしまうのです。

 

タバコには、ニコチンが含まれています。

 

ニコチンには血管を収縮させたり血圧を上げてしまう働きがあるため、心臓に負担がかかったり、生活習慣病の原因ともなってしまいます。

 

血管が収縮するとなると代謝も悪くなってしまうので、痩せにくく太りやすい体を作ることにもなってしまいます。

 

また、悪玉コレステロールや中性脂肪を増加させる働きもあるため、せっかく食事に気をつけていても、中性脂肪が溜まりやすい体になってしまうのです。

 

タバコを吸うとストレスの解消になるからという人も多いと思いますが、それはニコチン中毒になってしまっている状態なのです。

 

悪玉コレステロールを増やすことは、善玉コレステロールを減らしてしまうことにもつながり、動脈硬化などの危険も高まります。

 

中性脂肪を増やしてしまうこともそうですが、健康を害してしまう原因となる喫煙は自分だけではなく、副流煙が周りの人にまで悪影響を与えます。

 

できれば、禁煙を心がけてほしいものです。

 

きっぱりタバコやめることがどうしてもできない人は、少しでも本数を減らすように努力してみたり、禁煙外来を訪ねてみてはいかがでしょうか?