中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と睡眠不足の関係

 

最近は仕事が忙しいとか、テレビやDVDを観ていたり、パソコンや携帯などを使っていて、寝る時間が遅い人が多いようです。

 

睡眠不足になってしまうと、眠くてだるくなったり、疲れが取れないなどということが起こります。

 

そして、ストレスの原因にもなってしまうのです。

 

ストレスがたまると、自律神経が乱れてしまいます。

 

自律神経が乱れてしまうと、アドレナリンやノルアドレナリンという物質が分泌されるようになります。

 

これらは中性脂肪を分解してくれる働きもあるのですが、副腎皮質ホルモンという物質も分泌されることによって、血液中に溶けている脂質である遊離脂質酸が大量に発生してしまい、肝臓で中性脂肪やコレステロールに合成されてしまいます。

 

それが、中性脂肪を増やしてしまうことにつながるのです。

 

睡眠不足と中性脂肪は関係がないような感じがしますが、実は大きな関係があるのです。

 

しっかりと睡眠を取り疲労回復していると、ストレスも解消しやすくなりますし、体も心もすっきりします。

 

そうすると活動的になり、消費カロリーも自然とアップし、痩せやすい体を作ってくれることにつながるでしょう。

 

バランスのよい食事や適度な運動も大切ですが、睡眠をしっかりと取ることも大切です。

 

健康のためにも、睡眠時間はできるだけしっかりと取るようにしたいものです。