中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と性別の関係

 

最近よく耳にするようになった中性脂肪は、余分なカロリーが蓄積されてできるものです。

 

この中性脂肪が体脂肪である、内臓脂肪や皮下脂肪のもととなっています。

 

内臓脂肪も皮下脂肪も性別に関係なくついている脂肪ですが、つきやすさは性別によって違ってきます。

 

まず、内臓脂肪は男性につきやすい脂肪です。

 

そして、皮下脂肪は、女性につきやすい脂肪です。

 

この違いは、ホルモンの影響があるようです。

 

男性ホルモンは、筋肉を作るホルモンなので、男性は女性に比べて筋肉量が多いものです。

 

筋肉量が多いと、脂肪が燃焼されやすく、中性脂肪も蓄積されにくくなります。

 

ですから、女性に比べて男性は脂肪がつきにくくいなっています。

 

そして、皮下脂肪は体を衝撃から守る働きがあり、妊娠や出産をする子宮部分を守ることができるよう、女性のお腹周りや下半身につきやすいという特徴もあります。

 

ですから、女性は皮下脂肪がつきやすいのです。

 

皮下脂肪は取れにくい脂肪なので、ついてしまうと落とすのが大変です。

 

中性脂肪を溜め込まないためには、代謝を良くする事と、栄養バランスを考えた食事を摂ることが大切です。

 

女性も男性も、年齢を重ねていくと脂肪がたまりやすくなってしまうので、普段からバランスのよい食事と運動を取り入れることを心がけていくといいでしょう。