中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と生理不順の関係

 

内臓脂肪や皮下脂肪のもととなる中性脂肪が蓄積されてくると、肥満体になるだけではなく、体に色々な影響を与えます。

 

中性脂肪の増えすぎは、生理不順とも大きく関係しています。

 

内臓脂肪や皮下脂肪が増えすぎると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

女性の場合、皮下脂肪がつきやすいので、皮下脂肪は女性ホルモンと大きく関係があります。

 

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことで、生理が止まってしまったり、周期が乱れてしまうことがあるようです。

 

生理不順は不妊症にも影響してくるので、妊娠や出産を考えている人は、中性脂肪を溜め込まないようにしたいですね。

 

ただ、中性脂肪が増え、皮下脂肪が増えすぎることでも影響があるのですが、皮下脂肪が少なすぎるのも良くないようです。

 

皮下脂肪が少なすぎてもホルモンバランスが乱れてしまったり、体が冷えてしまうなどが影響し、生理不順になってしまいます。

 

ですから、無理なダイエットは女性にとって良いものではないのです。

 

中性脂肪は、体を衝撃から守ってくれたり、体の保温効果もあります。

 

少なすぎるのも体によい影響を与えないので、適度な量の中性脂肪を保つようにするといいでしょう。

 

そのためには、バランスのよい食事と適度な運動、生活習慣を整えるといったことが大切になります。