中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と体脂肪率の関係

 

ダイエットをするとなると、体重ばかりを気にしがちですが、最近は体重よりも体脂肪を減らさないと意味がないということが言われていています。

 

健康管理のためにも、体脂肪計を家に置いている人も増えています。

 

体脂肪率は体脂肪計で測ることができます。

 

体脂肪率は、体にどれくらいの脂肪がついているかという割合になっています。

 

体脂肪率が高いと、肥満ということになるので、食事や生活習慣などを見直してみる必要が出てきます。

 

では体脂肪というのは何なのでしょうか?

 

体についている体脂肪は、内臓脂肪と皮下脂肪のことを言います。

 

内臓脂肪と皮下脂肪は、ついている場所は違いますが、どちらも体についている脂肪です。

 

そして、そのもととなるのが、中性脂肪なのです。

 

余分なカロリーが体の中で中性脂肪となり、それが血液によって体中に運ばれることで、内臓脂肪や皮下脂肪として体に蓄積されていきます。

 

ですから、そう考えると、中性脂肪は体脂肪ということになるのです。

 

体脂肪率が高いということは、中性脂肪値も高いということになるので、生活習慣病などに気をつける必要があります。

 

どちらにしても、体に悪影響となることは変わらないので、中性脂肪値や体脂肪率が高い人は、毎日の生活を見直してみましょう。