中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と年齢の関係

 

若い人は健康なのが当たり前と考えている人が多く、健康に関してあまり興味がない人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、中性脂肪には年齢は関係ありません。

 

若くても中性脂肪が多いと肥満の原因になりますし、病気のリスクも高まります。

 

また、中性脂肪は太っている人に多いと思ってしまいがちですが、最近は痩せている人でも中性脂肪が多い人が増加しているようなので注意が必要です。

 

中性脂肪は、糖質や脂質の摂り過ぎによって蓄積されます。

 

簡単に言うと余分なエネルギーが、中性脂肪となり蓄積されるのです。

 

ですから、余分なエネルギーをなくすことで、中性脂肪が増えるのを防ぐことができます。

 

余分なエネルギーをなくすためには、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすれば良いわけです。

 

しかし、年齢を重ねてくると、若いころと同じようにしていても、消費カロリーが減ってしまい、余分なエネルギーが溜まりやすくなってしまいます。

 

その原因は代謝です。

 

年齢を重ねると、筋肉が衰え代謝が悪くなります。

 

代謝が悪くなると脂肪燃焼効果も悪くなってしまうので、若い頃と同じ量を食べていると、エネルギー消費が少なくなってしまい、余ってしまうエネルギーが増えるのです。

 

ですから、年齢を重ねていくと、それに合わせて摂取カロリーに気をつけたり、筋肉を鍛えて代謝を落とさないようにすることが大切となります。

 

若くても、運動不足や栄養バランスが悪いこと、生活習慣の乱れなどで代謝が落ちてしまうことがあります。

 

まずは、自分の生活を見直してみるといいでしょう。