中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と便秘の関係

 

中性脂肪は溜まりすぎると肥満になるだけではなく、生活習慣病を引き起こす原因ともなってしまいます。

 

大切な役割もありますが、増えすぎると体に悪影響を与えてしまうので、中性脂肪が増える原因は出来るだけなくしていきたいですね。

 

便秘はダイエットの大敵です。

 

ということはもちろん、中性脂肪を溜め込む原因の一つです。

 

便秘になってしまうと、老廃物が排出されないので、代謝が悪くなってしまいます。

 

代謝が悪いということは脂肪燃焼効果が悪くなるということになるので、中性脂肪もエネルギーとして燃焼されにくくなってしまいます。

 

また、老廃物が溜まってしまうと脂肪細胞と組み合わさって、セルライトになってしまいます。

 

セルライトは出来てしまうとなかなか落とせないだけではなく、脂肪を溜め込みやすくなってしまうので、さらにセルライトを増やしてしまうことにもなり悪循環です。

 

便秘になるとお腹が苦しかったり、肌が荒れたりすることもありますが、肥満の原因も作ってしまうのです。

 

便秘は食物繊維を多く摂ることで解消されやすくなります。

 

食物繊維は老廃物だけではなく、余分な脂肪も一緒に絡め取って排出してくれる働きがあるので、意識的に多く摂り入れたいですよね。

 

また水分をたくさん摂ることも大切です。

 

便秘を解消して、中性脂肪を溜め込むのを防ぎましょう。