中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と高血圧の関係

 

年齢を重ねていくと、高血圧の人が増えていくようです。

 

血圧が高くても、症状が出ないと治療をしない人が多いかもしれません。

 

ですが、高血圧は症状が現れた時には命に関わる状態になってしまうこともある恐ろしい病気です。

 

高血圧はサイレントキラーとも呼ばれていて、高血圧になることで、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞などの症状を引き起こしてしまいます。

 

どれも原因となるのは動脈硬化ですが、この動脈硬化には高血圧が大きくかかわっているようです。

 

血圧が高くなると血管の壁に負担がかかります。

 

そして、血管が固くなったり、もろくなったりしてしまうので、動脈硬化を引き起こすのです。

 

そして、動脈硬化を引き起こすことで、血管の中がさらに細くなるので、心臓が血液を流そうとして圧力が強くかかってしまうことで、血圧はまた上がってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

 

中性脂肪が増える原因には、食生活や運動不足、生活習慣などがありますが、これらは高血圧の原因とも共通しています。

 

高血圧はその他にも、遺伝や性格、気温などが関係してくるようです。

 

そして、それ以外にも内臓脂肪が分泌する物質とも関係しているようです。

 

脂肪細胞からアディポネクチンという血管を修復する物質が分泌されているのですが、内臓脂肪が増加するとアディポネクチンの分泌が減少し、インスリンも低下させてしまうのです。

 

そのことで腎臓のナトリウム排泄機能も低下し、血液中のナトリウム濃度が上がり、血圧も上がってしまいます。

 

血圧が高い人は、中性脂肪に気をつけ、それ以外の原因も解消していくようにしたいですね。