中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と高脂血症の関係

 

高脂血症という言葉を聞いた事がありますか?

 

中性脂肪という言葉と一緒によく耳にしませんか?

 

高脂血症は、血管に脂肪が多い状態のことです。

 

中性脂肪が多いということは血液中に脂肪が多いことになるので、高脂血症と中性脂肪とは、大きく関係しているのです。

 

中性脂肪値が150以上になると高脂血症の一種である高中性脂肪血症と言われます。

 

また、中性脂肪だけではなく、コレステロール値が高い場合にも高脂血症になるのです。

 

血液中に脂肪が多い状態を高脂血症というので、中性脂肪を減らすことが、高脂血症の予防になるのです。

 

甘いものを摂り過ぎたり、油物の摂り過ぎ、アルコールの摂り過ぎなどは控え、バランスのいい食事を心がけましょう。

 

また適度な運動を取り入れることも大切です。

 

中性脂肪は、体にとって必要不可欠なものです。

 

しかし、中性脂肪値が高いと、色々な病気のリスクが高まってしまいます。

 

ですから、中性脂肪がつき過ぎないように気をつけるようにしましょう。

 

基本は栄養バランスの取れた食事と適度な運動です。

 

できることから改善していくだけでも違ってくると思うので、ストレスを溜め込まない程度に、中性脂肪を落とすことを心がけていきましょう。

 

ストレスなども体によい影響を与えないので、ストレスが溜まってしまうのはよくありません。