中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と脂質異常症の関係

 

脂質異常症と聞くとあまり馴染みがないと言う人もいると思いますが、高脂質血症のことを言います。

 

診断基準が変わったことにより、2007年に改名されたのです。

 

これまでは総コレステロール値によって診断していたのですが、2007年からは、悪玉であるLDL値によって診断されることになったのです。

 

その他にも、善玉であるHDL値が低いことも関係してきます。

 

LDL値が140r/dl以上だと、高LDLコレステロール血症です。

 

HDL値が40r/dl以下と低い値だと、低HDLコレステロール血症です。

 

そして、血中のLDL値が150r/dl以上だと、高中性脂肪血症ということになります。

 

中性脂肪が多くなると、悪玉コレステロールが増加してしまいます。

 

悪玉コレステロールが多くなると血液が詰まりやすくなり、動脈硬化になりやすくなります。

 

また、動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞の原因ともなり、死に至るケースもあるのです。

 

そのようなことを予防するためには、中性脂肪を増やさないことが大切になります。

 

野菜を中心としたバランスのよい食事、適度な運動を生活の中に取り入れて、中性脂肪がたまり過ぎないようにしたいですね。

 

中性脂肪がたまっていても、食生活に気をつけ、運動を取り入れることで、改善することが可能になります。

 

まずは自分の生活を見直してみることから始めましょう。