中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と成人病の関係

 

成人病は、最近は生活習慣病と呼ばれることが多いですね。

 

成人病の原因は、生活習慣が原因のなっていることが多いので、成人病と生活習慣病は同じ意味で使われていることが多いようです。

 

成人病には3大成人病というものがあり、ガン、心筋梗塞、脳卒中のことを言うようです。

 

中性脂肪が多くなってしまうと、成人病になるリスクが高まると言われています。

 

中性脂肪が多くなることで、悪玉コレステロールが増加し、善玉コレステロールが減少します。

 

悪玉コレステロールや善玉コレステロールのバランスが崩れることで、体に色々な悪影響が出てきてしまうのです。

 

悪玉コレステロールが増加してしまうと、血液がドロドロになってしまったり、血管を傷つけたりふさいだりしてしまいます。

 

そして、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞、脳卒中などの原因となるのです。

 

ですから、中性脂肪は成人病に大きく関係しているのです。

 

成人病を防ぐためには、生活習慣を見直してみることが大切です。

 

暴飲暴食は避け、バランスのよいヘルシーな食事を心がけましょう。

 

また、運動を取り入れることも大切です。

 

運動をすると、消費カロリーをアップさせるだけではなく、代謝を良くしてくれるので、脂肪を燃焼しやすい体に変えてくれる効果もあるのです。

 

生活習慣を見直し、中性脂肪を増やしすぎないことで、成人病を防ぐことにつながるのです。