中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪と糖尿病の関係

 

生活習慣病の一つである糖尿病は、血糖値が高いことで起こる病気です。

 

しかし、インスリンの分泌が遅いなど、糖尿病のリスクが高い人は、中性脂肪を増やしやすいと言われているのです。

 

インスリンがうまく分泌されていないと、リパーゼの働きが悪くなってしまいます。

 

そうすることで、悪球コレステロールが増えてしまい、中性脂肪も増えやすくなるのです。

 

逆に、インスリンが分泌されすぎても、肝臓で中性脂肪を増加する機能が高まってしまい中性脂肪が増えやすくなるのです。

 

ですから、糖尿病の人は、血糖値はもちろんのこと、中性脂肪値にも気をつける必要があるのです。

 

中性脂肪が多いことが原因で糖尿病になるということではないようですが、血糖値が高まるような食事は、中性脂肪がつきやすい食事ということでもあります。

 

ですから、中性脂肪の増加を防ぐことが、血糖値の増加を予防することとなり、糖尿病の予防となるのです。

 

暴飲暴食はさけ、普段から栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

 

そして、適度な運動を取り入れることも大切です。

 

運動は消費カロリーを多くしてくれるだけではなく、代謝を高めてくれる効果もあるので、エネルギーを燃焼しやすい体を作ることができます。

 

食事や運動などに気をつけることで、スタイルを維持するだけではなく、病気の予防にもなるのです。