中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

GI値が高い食べ物の摂取を少なくする

 

ダイエットをしたことがある人なら、GI値という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

GI値とは、食後血糖値の上昇を表す指標です。

 

GI値が高ければ高いほど、食べた後に血糖値が上がりやすいというものです。

 

血糖値が上がりやすいと言うことは、インスリンが分泌されやすいと言うことになります。

 

インスリンが過剰分泌されてしまうと、インスリンの働きに不具合が起きてしまい、うまく消化ができなくなってしまうため、中性脂肪が増えやすいと言われています。

 

ですから、中性脂肪を下げたい人は、GI値が高い食べ物を控えることが効果的のようです。

 

GI値が高いと言われる食品で代表的なものは、白米、パン、麺類、果物、砂糖などの炭水化物です。

 

その次に多いのが、肉や魚介類、乳製品、たまごで、その次が脂類です。

 

ダイエットをすると、カロリーを落とすために脂質が多いものを減らそうとする人が多いのですが、カロリーが高いからといって、GI値が高いというわけではないようです。

 

GI値の高いものを食べると、血糖が上昇するからといって、全く食べないとなると、栄養バランスが悪くなりますし、脂肪やたんぱく質を過剰摂取してしまうことも考えられます。

 

ですから、全く摂らないのではなく、少なくするようにしましょう。

 

同じパンでも、普通の食パンよりも、全粒分(ぜんりゅうふん)のパンなら低GI値ですし、ご飯も白米ではなく玄米にするといいでしょう。