中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

オメガ3脂肪酸を摂取する

 

オメガ3脂肪酸と聞くと、あまり聞きなれませんが、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸なら聞いた事があるのではないでしょうか?

 

DHAやEPAは、青魚に多く含まれる脂肪酸で、細胞が正しく働くために必要不可欠なものです。

 

魚を食べると頭が良くなると、一時期かなり注目されましたが、それはDHAやEPAの働きによるものです。

 

オメガ3脂肪酸は、このDHAやEPA、リノレン酸などに当たるのですが、頭が良くなるだけではなく、中性脂肪を減らす効果も期待できるのです。

 

というのも、オメガ3脂肪酸は血液中の脂質濃度を下げてくれる効果があるのです。

 

コレステロールだけではなく、中性脂肪自体を下げてくれる働きもあるので、中性脂肪を減らしたい人にはオススメの成分です。

 

オメガ3脂肪酸は、サンマなどの青魚の他、えごま油、しそ油、亜麻仁油、緑黄色野菜、豆類、胡桃などに多く含まれます。

 

中性脂肪を下げてくれる働きがあるオメガ3脂肪酸ですが、脂肪なので食べ過ぎてしまうとカロリーの摂り過ぎになってしまう可能性もあります。

 

とはいえ、えごま油、しそ油、亜麻仁油は一般的な油ではないですし、青魚ばかり毎日食べているわけではありません。

 

オメガ3脂肪酸は、食事で摂取するには、少し難しい成分とも言われています。

 

最近はサプリメントで摂取できるものもあるので、取り入れてみてはいかがでしょうか。