中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

炭水化物の摂取を少なくする

 

一時期、低インスリンダイエットが流行しました。

 

インスリンを分泌させやすいものを少なくしてダイエットをするという方法です。

 

インスリンは、炭水化物の消化に欠かすことができないホルモンです。

 

しかし、炭水化物や糖質を過剰に摂取することで、インスリンが急激に上昇してしまいます。

 

炭水化物などの過剰摂取を繰り返していると、インスリンを作っているすい臓に負担がかかり、働きが悪くなってしまいます。

 

ですから、炭水化物の摂り過ぎは、消化に欠かすことができないインスリンの働きに不具合を起こしてしまうことになり、炭水化物をうまく使うことができなくなってしまいます。

 

消費されなかった炭水化物は、脂肪酸やグリセロールとなり、その後、中性脂肪となって蓄積されてしまうのです。

 

ですから、中性脂肪を下げるためには、炭水化物を摂り過ぎないことが大切となり、低インスリンダイエットが効果的ということになるのです。

 

特に白米やパン、麺類などの精製されている炭水化物は、インスリンを過剰に分泌させてしまうので、摂取を控えることをオススメします。

 

ただ、炭水化物が消化することでできる糖質は、脳の唯一のエネルギー源です。

 

ですから、炭水化物を全く摂らないのは体にとって悪影響を及ぼしてしまうことになるので注意が必要です。

 

体に必要な炭水化物を摂る事は大切ですが、摂り過ぎには気をつけましょう。