中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

糖質(甘いもの)の摂取を少なくする

 

中性脂肪が多いと言われたら、中性脂肪を減らすために脂質の摂取を控える人が多いのではないでしょうか?

 

しかし、脂っこいものをあまり食べていないのに中性脂肪値が高い人も多いのです。

 

実は、中性脂肪が高くなる一番の原因となるのは、脂質ではなく糖質なのです。

 

糖質を摂り過ぎてしまうと、インスリンが急激に上昇し、それを繰り返してしまうことで、インスリンを作っているすい臓に負担がかかってしまいます。

 

インスリンは糖質の消化に欠かせないものですが、糖質を摂り過ぎることによって働きに不具合が生じてしまい、糖質が消費されにくくなるのです。

 

そして、消費されずに余ってしまった糖質が、脂肪酸やグリセロールになり、中性脂肪となってしまいます。

 

ですから、中性脂肪を下げるためには、糖質の摂取を減らすことが効果的です。

 

糖質というと、お菓子やケーキ、炭酸飲料などを思い浮かべますが、炭水化物も消化することで糖質へと変化してしまいます。

 

特に、白米、食パン、菓子パン、麺類などの精製されている炭水化物は糖質となり、インスリンを過剰分泌させてしまう原因となるので、注意が必要です。

 

中性脂肪を溜め込まないようにするには、お菓子や甘いものだけではなく、精製された炭水化物の摂り過ぎにも注意したいですね。

 

そのためには、食事はバランスよく摂るようにしましょう。