中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

夜10時以降に食事をしない

 

夜遅い時間に食べると太るということを聞いた事がありませんか?

 

これにはいくつかの理由があるのです。

 

例えば、昼食は普通の時間に摂って、夜は遅い時間に食事をしたとしましょう。

 

この場合、食事の時間が長く空いているので、かなりお腹が空いているはずなので、ついつい食べ過ぎてしまいがちになるのです。

 

また、遅い時間に食事をすると、その後、ほとんど何もせずに寝てしまうはずです。

 

そうすると食べたものを全く消費していないことになります。

 

だから、遅くに食事をすると太りやすくなってしまうのです。

 

そして、体の働きにも関係があります。

 

BMAL1という体内時計を働かせるたんぱく質は、夜の10時ころから急に脂肪を溜め込みやすくなるのです。

 

そして、深夜の2時から4時ころがピークと言われています。

 

つまり、夜の10時以降は、体が脂肪を溜め込みやすくなっているのです。

 

一番溜め込みにくい時間帯である15時くらいと比べると、30倍ほどの差があると言われています。

 

ですから、食事は夜の10時までには済ませておきたいですね。

 

ただ、仕事が忙しいなどの理由で、食事を遅く摂ってしまうことが多い人もいるでしょう。

 

食事を抜くのも、体が脂肪を蓄えやすくなってしまうので、オススメはできません。

 

もし遅い時間に食べる場合には、炭水化物を抜いたり、野菜中心のメニューにしたりと、工夫をするといいでしょう。