中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

ウォーキングで中性脂肪を減らす

 

中性脂肪を減らすには、バランスのよい食事と適度な運動を取り入れることが良いと言われています。

 

運動といっても色々な運動がありますが、どんな運動が中性脂肪を減らすのに効果的なのでしょうか。

 

中性脂肪を減らすためには、有酸素運動が最適なようです。

 

有酸素運動は、脂肪をエネルギーとして利用するので、中性脂肪を減らす効果があるのです。

 

有酸素運動で一番ポピュラーなのは、ウォーキングです。

 

ウォーキングは特別な道具も必要がなく、誰でも手軽に始めることができることから、人気の運動となっています。

 

ウォーキングを行って中性脂肪を減らそうと思ったら、20分以上は行う必要があります。

 

運動を始めて20分ほどは、体の中に蓄積されている糖質がエネルギーとなり、20分以降から脂肪がエネルギーとして使われるのです。

 

ですから、たった5分のウォーキングでは脂肪を燃焼することはできません。

 

ただ、1日のうち合わせて20分以上となると、脂肪燃焼効果があるということがわかっています。

 

通勤時15分、帰宅時15分というウォーキングでも脂肪燃焼効果があるようです。

 

ウォーキングといっても、特別に時間を作らなくてもいいのです。

 

通勤や通学時、買い物に行く時など、交通機関を利用しないようにしたり、少し歩く時間を取るようにすれば、習慣にもなりますし、取り入れやすいのではないでしょうか。

 

少し腕を大きく振って、早めに歩くと効果がアップするようです。