中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

筋トレで中性脂肪を減らす

 

バランスのよい食事をしていても、なかなか中性脂肪が落ちないと感じることはありませんか?

 

中性脂肪を減らす運動と言えば、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。

 

しかし、脂肪燃焼効果を高めるためには、筋肉を鍛える必要があるのです。

 

筋肉は脂肪燃焼をするためにとても大切で、筋肉が衰えてしまうと代謝が悪くなるため、脂肪が燃焼されにくくなってしまうのです。

 

年齢を重ねていくと、どんどん筋肉は衰えていきます。

 

年齢を重ねていくと太りやすくなってしまうのは、この筋肉の衰えが原因になっているのです。

 

ですから、脂肪燃焼効果をアップさせるためには、筋肉を鍛える筋トレが効果的です。

 

筋トレというと、腹筋やスクワット、ダンベル体操などがあります。

 

ジムなどに通うのももちろん効果的ですが、そんな時間がないという人は、自宅で筋トレを取り入れてみましょう。

 

筋トレをすると体重が増えるとか、体がムキムキになってしまうというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、アスリートのようなハードな筋トレを行うわけではないので、ムキムキになることはありません。

 

そして、一時的に体重が増えることはあると思いますが、脂肪燃焼効果が高まっているので、体重もすぐに落ちてくるようです。

 

筋肉が鍛えられると、食生活を改善したり、有酸素運動を取り入れたりしても、脂肪が燃焼しやすくなります。

 

脂肪燃焼効果をアップさせるためにも、1週間に2〜3回程度の筋トレを取り入れてみましょう。