中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

アボカドを食べて中性脂肪を減らす

 

森のバターとも言われるアボカドは、栄養満点の食材です。

 

アボカドの栄養価の高さは、ギネスブックにも認定されているようです。

 

アボカドの約20%は脂肪分です。

 

ですから、カロリーは少し高めですが、その8割がオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸なので、中性脂肪やコレステロールなどの心配はありません。

 

心配どころか、中性脂肪やコレステロールを減らしてくれる働きがあります。

 

オレイン酸と言えば、オリーブオイルがよく知られていますが、悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあるのです。

 

また、ビタミンB2が多いのもアボカドの特徴です。

 

ビタミンB2は、脂肪の代謝を促してくれる効果があり、中性脂肪が溜まるのを予防してくれます。

 

アボカドはカロリーが高いからといって、ダイエット中は控えている人もいるかもしれませんが、中性脂肪を減らしてくれる成分が多く含まれています。

 

また、その他にも食物繊維、タンパク質、ビタミン、ミネラルなど、本当にたくさんの栄養素を含んでいます。

 

アボカドは切ってワサビ醤油につけたり、サラダに合わせたりして手軽に食べることができます。

 

チーズを乗せてオーブンで焼いたり、エビなどと炒めても美味しく食べることができます。

 

中性脂肪を落としたい人は、積極的にアボカドを取り入れてみましょう。