中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

きのこ類を食べて中性脂肪を減らす

 

ダイエットをしていて、摂取カロリーを減らしたメニューを考えた時、取り入れやすいのがキノコ類です。

 

キノコ類は、スーパーなどでも比較的安値で買うことができますし、低カロリーなので、たくさん食べても安心です。

 

また、食物繊維が豊富なので満腹感が得やすく、便秘解消効果なども期待できます。

 

そんなキノコ類に含まれていて、注目されている成分がキノコキトサンです。

 

キノコキトサンとは、β-グルカンとキトサンからなる複合食物繊維です。

 

キトサンというと、カニやエビなどから摂ることができますが、キノコキトサンはβ-グルカンを含んでいるのが特徴です。

 

キノコキトサンはキノコ細胞に極少量しか含まれていないので、抽出が困難とされていましたが、最近効率よく抽出をする技術が開発されたことで注目を集めているのです。

 

キノコキトサンは、胃の中で膨張し、胃酸にも水にも溶けません。

 

そして、腸内をコーティングしてくれるので、油分を吸収することなく排出してくれる働きがあります。

 

食後にキノコキトサンを取り入れても、油分を包み込んで一緒に排出してくれる効果があります。

 

油分の吸収を防いでくれるので、キノコキトサンは中性脂肪を減らす効果が期待できます。

 

また、アレルギーの心配がないというのも大きなメリットです。

 

キノコを食べるだけでは少量しか摂り入れることはできませんが、キノコには素晴らしい成分が含まれているようです。