中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

ニンジンを食べて中性脂肪を減らす

 

冷蔵庫に常にある野菜の一つであるニンジンにも、中性脂肪を下げる働きがあります。

 

にんじんには、β-カロテンが含まれているということはよく知られています。

 

β-カロテンは、にんじんだけではなく、ほうれん草やかぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれていて、抗酸化作用があり、細胞に過酸化脂質が出来てしまうのを防いでくれる効果があります。

 

また、食物繊維であるペクチンも豊富で、余分な脂肪を体の外に排出してくれる働きがあり、中性脂肪を落とす効果が期待できます。

 

にんじんは酵素も豊富で、生のまま皮付きですりおろすことで、効果的に酵素を取り入れることができます。

 

酵素を取り入れることで代謝が良くなる効果が期待でき、中性脂肪も燃焼しやすくなります。

 

にんじんをすりおろしただけではなかなか食べずらいので、りんごと一緒にミキサーでジュースにしてしまいましょう。

 

りんごにも酵素が多く含まれていますし、りんごの甘みと合わせることで、にんじんも飲みやすくなります。

 

にんじんりんごジュースを毎日飲み続けることで、中性脂肪や血圧などが改善されたという体験談も多くあります。

 

薬用にんじんや黒にんじんなど色々な種類がありますが、どの種類のにんじんも中性脂肪を下げる働きがあるようです。

 

にんじんを取り入れて、中性脂肪を減らしませんか?