中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

モロヘイヤを食べて中性脂肪を減らす

 

モロヘイヤは、クレオパトラも好んで食べたと言われているエジプト生まれの野菜です。

 

昔、病気にかかった王様が、どんな薬でも治らなかったのに、モロヘイヤスープを飲んで回復したという話が伝えられているほど、栄養価の高いモロヘイヤは、中性脂肪を下げる効果も期待できる食材です。

 

モロヘイヤには、食物繊維やカロチン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ミネラルなどが豊富に含まれています。

 

食物繊維は、腸の機能を活発にしてくれる働きがあるので、便秘解消効果が期待できます。

 

また、血中の中性脂肪を抑制してくれる効果もあり、ダイエットには欠かすことのできない成分です。

 

カロチンは、活性酸素を撃退してくれる働きがあり、中性脂肪やコレステロールを下げてくれる効果があります。

 

ビタミンB2には、脂肪の燃焼を活発にしてくれる働きがあるので、中性脂肪を下げるのにも効果的ですね。

 

モロヘイヤには、ほうれん草と同じようにシュウ酸を含んでいるので、あく抜きをしてから食べるのがオススメです。

 

茹でてから水にさらすのがいいのですが、茹ですぎるとビタミンCが流れ出てしまうので、手早く行いましょう。

 

粘りがあるので、刻んでスープに入れたり、納豆や山芋とあわせても美味しいですよ。

 

炒め物や揚げ物をする時には、生のまま使います。

 

いつも食べている青菜と同じように調理し食べることができるので、取り入れやすい食材でもあります。