中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

山芋を食べて中性脂肪を減らす

 

ヤマイモと言えば、山うなぎとも呼ばれていて、夏バテ解消に効果的な食材としても知られています。

 

ヤマイモには、ながいもや自然薯など、色々な種類がありますが、粘々しているのが特徴です。

 

多くはすりおろしてとろろとして食べると思いますが、この粘々成分の「ムチン」が、中性脂肪を下げてくれる効果があるようです。

 

ムチンは、水溶性の食物繊維です。

 

ムチンは体の中で消化吸収されないという特徴があり、コレステロールや中性脂肪などを絡め取って、便と一緒に排出してくれる効果があります。

 

食物繊維なので、便秘解消効果も期待できますよね。

 

ヤマイモを食べることで、血糖値の上昇も抑えることができるようです。

 

また、ヤマイモにはサポニンも含まれるので、血管についているコレステロールや中性脂肪を取り除き、減らしてくれる効果もあるようです。

 

その他にも、消化促進効果、疲労回復効果、滋養強壮効果など、健康にも効果的な食材です。

 

中性脂肪を下げるためだけではなく、健康のためにも取り入れたいですね。

 

ただ、ヤマイモの成分は加熱してしまうと失われてしまうものが多いので、生のまま食べるのがオススメです。

 

すりおろしてとろろにするのはもちろん、千切りにして、甘酢と合えたり、梅やめんつゆなどとあえても美味しいですよ。

 

意外とアレンジが効く食材なので、是非取り入れてみてください。