中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

リンゴを食べて中性脂肪を減らす

 

りんごは季節を問わずスーパーに並び、なじみのあるフルーツですね。

 

そのまま食べたり、お菓子にしたり、ジュースにしたりと、色々な食べ方だできるのも魅力です。

 

そんなりんごには、中性脂肪を下げてくれる働きが期待できるようです。

 

りんごには豊富な栄養素が含まれていますが、その中にりんごポリフェノールという成分があります。

 

アサヒビールグループは、長年研究を続け、リンゴポリフェノールに中性脂肪を下げる働きがあるということを確認したそうです。

 

赤ワインや緑茶などに含まれるポリフェノールとは違う、リンゴ独特のポリフェノールです。

 

リンゴポリフェノールは、渋みや香りのもとです。

 

リンゴ1個には、リンゴポリフェノールが150から200ミリグラムも含まれています。

 

主体となっているのはプロシアニジンと言われるもので、糖から作られた脂肪が体に溜まっていくのを抑えたり、脂肪の吸収を抑えたり、便秘解消効果などの働きがあるようです。

 

アサヒビールグループの研究では、リンゴ3個分にあたる600ミリグラムのリンゴポリフェノールを摂ってから食事をすると、何も摂らないで食事をしたときよりも血液中の中性脂肪が20%ほど減るということがわかっているそうです。

 

その他にも、コレステロールを減らしたり、消臭や血圧の上昇を抑える効果など、色々な効果があります。

 

しかし、食事のたびにリンゴ3個を食べるのはなかなか大変です。

 

アサヒビールでは、効果的なサプリメントも開発しているようなので、うまくリンゴポリフェノールを取り入れるといいですね。