中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

黒豆を食べて中性脂肪を減らす

 

黒豆を食べることでダイエットができる黒豆ダイエットが一時期話題となりました。

 

黒豆を1日に1回食べるだけのダイエットなのですが、安田大サーカスのHIROさんが挑戦して、1ヶ月で20キロものダイエットに成功しました。

 

黒豆は、昔は薬として使われていたそうです。

 

黒豆の色素には、たくさんの薬効が含まれているそうです。

 

また、黒豆は畑の肉とも言われていて、栄養価も豊富です。

 

黒豆に含まれている栄養素の一つに、レシチンがあります。

 

レシチンには、血液中のコレステロールや中性脂肪を溶かしてくれる効果があり、栄養の吸収を良くしてくれたり、老廃物を排出しやすくしてくれる効果があります。

 

そして、黒豆の色素成分であるアントシアニンは、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らしたり、脂肪の蓄積を抑制してくれる効果があるようです。

 

また、イソフラボンは、血液をサラサラにしてくれる効果があり、血流が良くなることで代謝を高めることにつながります。

 

代謝が良くなれば脂肪燃焼効果も高まるので、中性脂肪を減らす効果があります。

 

また、血液ドロドロの原因となる動脈硬化や脳卒中などの病気を未然に防ぐこともできます。

 

植物性脂肪は整腸作用があり、便秘解消効果もあると言われています。

 

黒豆は、煮て食べてもいいですが、黒豆茶というものもあるようです。

 

取り入れやすい方法で、黒豆を取り入れてみてはいかがでしょうか。