中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

青魚を食べて中性脂肪を減らす

 

青魚には、DHAやEPEという多価不飽和脂肪酸が含まれています。

 

DHAやEPEは、以前頭を良くしてくれる成分として注目を集めましたが、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしてくれる効果があるのです。

 

悪玉コレステロールが減れば、善玉コレステロールを増やすことにもつながり、血栓を予防したり、高血圧の改善などにも効果があると言われています。

 

DHAやEPEは、白身魚より、いわしやサンマ、ぶり、、アジ、さばなどの青魚に豊富に含まれています。

 

中でも、アジには中性脂肪を減らしてくれるDHAやEPEだけではなく、カルシウムや余分な塩分を排出しやすくしてくれるカリウム、動脈硬化や糖尿病予防に効果があると言われているビタミンBも多く含まれています。

 

そして、いわしには、イワシペプチドが含まれていて、血圧を下げてくれる効果などもあるようです。

 

さばやサンマはビタミンやミネラルを多く含むので、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

 

青魚といっても色々な種類がありますが、DHAやEPEは、体内で酸化されやすいというデメリットもあります。

 

酸化されてしまうと活性酸素を増やしてしまうことになるので、それを防ぐためには、抗酸化作用の高い食べ物と一緒に摂るようにするといいでしょう。

 

オススメの食べ方は、お刺身や、ホイル焼きなどです。

 

魚の脂肪を一緒に食べることで、DHAやEPEを取り入れることができます。