中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

大豆を食べて中性脂肪を減らす

 

中性脂肪を減らすのには、バランスの取れた食事と適度な運動が効果的です。

 

しかし、中性脂肪を下げる効果のある食材を取り入れるなどして、効率よく中性脂肪を減らしたいですよね。

 

中性脂肪を減らすことができる食材の一つに大豆があります。

 

大豆というと、大豆イソフラボンが有名ですが、中性脂肪を減らすのに効果的なのは、この大豆イソフラボンではありません。

 

大豆には、大豆サポニンという成分が含まれています。

 

大豆サポニンには、中性脂肪を下げ、善玉コレステロールを増加させてくれる働きがあるようです。

 

それだけではなく、血管内のコレステロールを流してくれたり、脂肪消化酵素の働きを悪くしてくれる働きもあります。

 

そして、もう一つよく知られる成分に大豆ペプチドがあります。

 

大豆ペプチドには、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれる効果や、脂肪燃焼効果をアップしたり、代謝を良くしてくれる効果があるので、中性脂肪を減らす効果が期待できるのです。

 

大豆は、豆腐や納豆、味噌などにも含まれています。

 

意外と大豆製品は多いので、中性脂肪を落としたい人は、是非取り入れてみてください。

 

お味噌汁を毎日飲んだり、豆腐も色々な料理にアレンジして取り入れてみてはいかがでしょうか?