中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

納豆を食べて中性脂肪を減らす

 

好き嫌いが分かれる食品である納豆は健康効果が高いことで知られていますが、中性脂肪を下げてくれる働きもあるので、中性脂肪が気になる人には、是非取り入れてもらいたい食材です。

 

納豆に豊富に含まれているビタミンB2には、血液中の中性脂肪を取り除いてくれる効果があります。

 

そして、納豆特有の成分であるナットウキナーゼには、血栓に働きかけ、分解してくれる効果があります。

 

ドロドロ血液をサラサラ血液に変えてくれる効果があるということです。

 

血栓がなくなると、心筋梗塞や脳梗塞を予防することができるので、健康にも効果的と言えますね。

 

また、レシチンや食物繊維も中性脂肪を落としてくれる効果が期待できます。

 

そんな中性脂肪を下げる成分が多く含まれた納豆は、ご飯にかけて食べる人が多いと思いますが、ナットウキナーゼは熱にとても弱いので、熱々ご飯に乗せると死んでしまう可能性があります。

 

ですから、納豆を食べる時には、ご飯に乗せずにそのまま食べましょう。

 

納豆の効果を得るためには、1回に100グラムを1週間に3回以上がオススメです。

 

市販の納豆はパックで大体50グラム前後なので、1回に2パックは食べることになりますね。

 

食べる時間にもポイントがあって、夕食の時に食べるのが効果的のようです。

 

夕食時に納豆を取り入れて、中性脂肪を減らしましょう。