中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

味噌汁を飲んで中性脂肪を減らす

 

味噌汁は、1日に1回は飲む人が多いのではないでしょうか?

 

和定食には味噌汁ですよね。

 

そんな味噌汁には、中性脂肪を下げてくれる働きがあるというのを知っていますか?

 

味噌は、大豆と麹を発酵させて作ります。

 

ですから、大豆サポニンや大豆ペプチドなどが含まれているのです。

 

大豆サポニンには、血管に沈着しているコレステロールや中性脂肪を洗い流してくれる効果があります。

 

そして、大豆ペプチドは、腸管の神経を刺激してくれて、交感神経を活発にしてくれます。

 

血流が増えるので、基礎代謝をアップしてくれる効果があります。

 

また、味噌には燃焼系アミノ酸や食物繊維、レシチン、不飽和脂肪酸も含まれていて、中性脂肪を落としてくれるのです。

 

朝の味噌汁は基礎代謝を上げる効果がありますし、夜の味噌汁は、食欲を抑えてくれる効果があります。

 

味噌汁に野菜をたくさん取り入れることで、低カロリーで満腹感を得ることができます。

 

ですから、食事の始めに味噌汁を飲んで、食べすぎを防ぎましょう。

 

温かいものを取り入れることで、気持ちを落ち着かせる効果があるようです。

 

味噌汁は塩分が気になるという人もいますが、血圧を下げる成分も含まれているので、1日に1杯から2杯は気にしなくても大丈夫のようです。

 

毎日の食事に温かい味噌汁を取り入れてみてはいかがでしょうか?