中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

イマークを飲んで中性脂肪を下げる

 

イマークは、日本水産(ニッスイ)が中性脂肪を下げることを目的に開発した特定保健用食品(トクホ)です。

 

愛飲者は22万人もいるらしく、リピート率は80%もあります。

 

その効果は厚生労働省も認めており、臨床試験の結果、2ヶ月で中性脂肪が20%も落ちた人もいるようです。

 

ヨーグルトジュースの様で飲みやすいイマークは、豆乳がベースとなっているようです。

 

青魚に多く含まれているEPAとDHAには、血液をサラサラにし、中性脂肪を下げる働きがあります。

 

イマークには、1日に必要なEPA量が1本で8割摂取できるのです。

 

1日に飲むのは、1本でいいようです。

 

イマークを飲む時間帯は、朝か昼の食後がいいようです。

 

イマークは薬ではないので、それ以外には飲んではいけないという決まりはありませんが、食後は消化酵素が出るので、やはり食後がいいようです。

 

イマークにも、65キロカロリーあるので、中性脂肪を気にしている人は、あまり夜には飲みたくいないですね。

 

イマークはドラックストアなどで見たことがないですよね。

 

ではどこで購入できるのでしょうか?

 

イマークは店頭販売はせず、通信販売専用となっているようです。

 

製造後の品質保持のため、店頭販売はできないそうです。

 

トクホのイマークで効果的に中性脂肪を減らすことができるといいですね。