中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

中性脂肪とアルコールの関係

 

少量のアルコールは善玉コレステロールを増やしてくれると言いますが、アルコールの摂り過ぎは、カロリーを摂り過ぎてしまうことにつながり、中性脂肪を増やしてしまう原因となるようです。

 

アルコールにもカロリーがあるだけではなく、お酒を飲む時には、おつまみも一緒に食べることになります。

 

おつまみを食べずにアルコールだけ飲むというのは、肝臓に負担をかけてしまいます。

 

お酒に合うおつまみと言えば、揚げ物やスナック菓子があり、カロリーの高いものになりがちです。

 

それがまたカロリーの摂り過ぎとなり、中性脂肪が増える原因となってしまうのです。

 

また、お酒を飲むと満腹中枢がマヒしてしまい、ついつい食べ過ぎてしまうとも言われています。

 

ですから、アルコールを飲む時には、カロリーの摂り過ぎに気をつけなくてはいけません。

 

しかし、おつまみに少し気をつけるだけで、カロリーの摂り過ぎを防ぐことができます。

 

おつまみを選ぶ時には、揚げ物などはさけ、枝豆や豆腐料理、お刺身、サラダなど、低カロリーのものを選ぶようにしましょう。

 

そして、じっくりと時間をかけて飲むように心がけます。

 

アルコールの途中にウーロン茶などをはさむことで、飲みすぎを防止できるだけではなく、悪酔いも防ぐことができます。

 

お付き合いなどで飲みに行くこともあると思うので、アルコールを全く飲まないわけにもいかないこともあると思いますが、おつまみの選び方と上手な飲み方で、中性脂肪の蓄積を抑えましょう。