中性脂肪の原因・薬・下げる方法・食事・運動・サプリメント

ゴーヤ茶を飲んで中性脂肪を下げる

 

苦味が強いことで知られているゴーヤは、沖縄料理のゴーヤチャンプルーなどの調理法がありますが、ゴーヤ茶というものもあるようです。

 

ゴーヤには、ビタミンCが豊富に含まれていて、美肌や体の免疫力を高めてくれる効果があります。

 

そして、ゴーヤの種の部分には共役リノール酸が豊富に含まれていて、脂肪減少効果があるようです。

 

また、ゴーヤの苦味成分であるモモルデシチンなどの成分にも、血糖値を下げたり、中性脂肪を下げてくれる働きがあるのです。

 

でも、ゴーヤは苦味が強くて苦手という人が多いのではないでしょうか?

 

しかも、中性脂肪に効果がある共役リノール酸は種の部分に含まれているということですが、種の部分は調理する時に取り除いてしまいますよね。

 

でも、ゴーヤ茶なら、しっかりと共役リノール酸も含まれますし、お茶なら苦味も少なく、こくがあり、ほのかに甘みもあるということで、ゴーヤが苦手という人でも飲みやすい味のようです。

 

ホットで飲めますが、風味が気になる人はアイスにしたほうが飲みやすいようです。

 

ゴーヤ茶は販売もされていますが、自分でも手軽に作れるようです。

 

スライスしてフライパンで煎るだけなので簡単ですね。

 

ゴーヤが手に入ったら、ゴーヤチャンプルーだけではなく、ゴーヤ茶を作ってみるのもいいのではないでしょうか。